読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深い沼へとおちていく

好きなものは好き。ただそれだけ。

BREAKERZ 10番勝負 VS

2/4 round2、SKY-HIとの対バンに行ってきました!

DAIGO見たさに応募してみたところ当たったので行ってきました〜

SKY-HIのセトリは、ここでLimoやってくれるとは思わなかったから最高すぎた。 あとは、高速ラップがどんどん高速化しててびっくりした。

OLIVEの曲もう少し聞きたかったなあって思だだけどそこは焦らされて待ちます笑

初っ端SKY-HIが出る前、転換して自分たちが出る前、アンコール前に映像流れて、ジャニーズみたい!ってなった。 ああいう会場のライブでは見たことなかった*1から斬新だなあって笑 転換した後の映像では、トリックスター、ナナホリ、OLIVEってワードを出しつつお話ししてくれて話してる裏で流してくれて、対バンすっごい不安だったけどよかったなあって思えた。

スマイルドロップを初めて褒めてくれたのがDAIGOで、お母さんから連絡きて知ったけど同じ小学校出身でただならぬ縁を感じているらしい笑

BREAKERZの演奏は、正直知ってる曲ないし聴いてもいないっていう非常に失礼な状態で行ったけど、振りのある曲とかもあって、すごい楽しめた。

リハでAAAの曲で音合わせをしているっていう話があって*2やって〜ってなったらえ〜やるの〜って言いつつタオル回してリリマリやって。

YO!YO!っていうラップで止まってるよね時代が〜っていうMCがあって、その辺までかな、SKY-HI が上から見てたのが2階に入ってたからちょうど見えてて、自分の話されるたびに楽しそうに笑ってて可愛かった笑

あと、1曲とても好きな曲ができました! ステッキ持ってる曲だったんだけど、なんて曲なのかなーって調べたらSECRET GIRLって曲だってわかりました。 DAIGOがとてもおエロくて…不倫の曲なのかな…多分。

メンバー紹介も楽しかった〜 あきさま〜って笑

ダンダン!ってSKY-HIが指差して演奏するっていうのかっこいい!俺たちもやる!っていうDAIGOにあわせてやるものの、DAIGOの動きが鈍くて音も鈍くて笑

アンコールで二人で出てきた後にSKY-HIにやらせてました(^^) やりやすいって本音が出ちゃってて、最後にこっち側指差した時に座って見学してたDAIGOもノリノリでわーってしてて可愛かった。 楽しいけどやってる方は疲れるらしい笑

フリースタイルもDAIGOがラップバトルしようって言ってくれたおかげで聴けて、disらない平和なバトルだからって仲良くしててもうほんと楽しそう。

SKY-HIに愛を持ってこう招いてくれたのが感じられたとても豪華な3時間弱でした。

BREAKERZかっこよすぎた>_<

楽しい時間だったなあ戻りたい。

*1:SKY-HI はやらないから

*2:芝居らしい

人生の半分ジャニヲタのわたしがジュニアから離れてみたら

ちょうど10年前、嵐さんにハマってから10年間、ジャニヲタとして生き、エイト、関ジュ(ジャニーズWEST)、ジャニーズJr.と担当が増え、いわゆる事務所担になったわけですが、この半年くらいかな。降りる降りないで騒ぎ、ヲタ卒なんて無理だって周りに言われたものの、結局年が明けてからエイトとJr.には一銭も出してないです。

わかりやすい変化でいうと少クラを、必ず放送日か次の日に見ていて、2〜3時間かけて巻き戻しして繰り返し見てたのが、ジャニーズWESTが出てるところ以外がそんなに興味がなくなり、早い時は15分で見終わるようになりました。ジャニーズWESTのパフォーマンスは少クラをリピートせずにDVDで見るからね。

まあそんなわけでJr.の情報を仕入れていたアカウントをチェックしなくなったらほとんど情報が入ってこなくなり、なんかどんどん舞台が決まっていたりなんだと世界は動いていて。

なんか不思議とそれが楽なんですよね。 多分高校生の頃だったら情報が入ってこないなんて信じられないことだったけど、今は別にどうでもよくて、後から知ってあーおめでたいなって。

なんでだろうって思ったら、あの頃はもう義務に近い感じでどんどん通り過ぎてく情報を全部チェックして、これは行く、これは行かない、当たった、外れた、自担に仕事がない、あの子は仕事があって羨ましい。好きだから応援する、が好きだからここまで知らないといけない、になっていて。

でも趣味ってそうやってやるもんじゃなくて、好きだからやることであって。 まあヲタクを趣味と考えるな、って言ったらそれまでなんですけど。

そんな感じで今は嵐、WEST、SKY-HIを追っかけてるわけですけど、嵐さんとWESTちゃんはわたしの中では今はオフシーズンで、レギュラー番組もそんなに張らずに家にいたら、ゲストが面白そうだったら見ようってゆるーく応援してて、SKY-HIはこれからツアーが始まるんで、そっちに思いっきりお金をかけようってしてます。

あの頃の切羽詰った自分よりも、今の自分が大好きって思えるから、ヲタクが義務化、作業というか…ってなってしまってる人は一度立ち止まってゆっくり考えてその先を決めるのも悪くないかもしれないです。

誰を愛するよりも自分を愛することって難しいから、でも自分が自分を大切にしてあげないと可哀想だから。*1こんなこと言われたってって思ってもたまーにでいいから自分と向き合ってみてください。疲れたら立ち止まったらいいと思うし、周りが何と言おうと自分は自分なんだから。

おせっかいおばさんみたいなブログになっちゃった>_<

でももし悩んでる人の力になれたらいいなって思います。

*1:SKY-HIの新作アルバムOLIVEのテーマにもなってます

#櫻井翔ラップ大賞2017

BREAKERZの10番勝負、VS、の2round、SKY-HIとの対バン(SKY-HI側だからこの表記違和感あるけど)に行ってきて何となくブログにまとめてる最中なんですが、とっても面白く、櫻井担としては見逃せないネタを見つけたので先に更新します^ ^

こちらの記事に便乗させていただきます!

他の方の記事も読ませていただいたけど共感しかなくてしんどくない??だって全部好きだもん。あーこれ、わかる。あー!!!これも!!!!って叫びながら見ております。

とりあえず好きなラップありすぎて厳選出来ないところからスタート


櫻井翔ラップ大賞2017

【名前】特に決めてない…です…

【担当】櫻井翔中間淳太

【好きなラップ】

1位:let me down

理由:声が甘い。低音が心地いい。でもコンサートではちょっと高音になっちゃうところがとても好き。

翔さんのラップは交わりがおおく表現されてるなって思う。 そこまででもないのかな?

でもこの曲では、

夢と現実を行き交う

ってあって。

歌い方とかが好きって言う感じかなこれは。

2位:スパイラル

理由:非常事態 恋みたい 異常事態

がものすごく好き。

君のことなど興味ない

なんて強気に始まるラップなのに他の歌詞の通り恋い焦がれて、渦に飲み込まれてく感じを2重に韻踏んでるのがいい。とおもう。

3位:Secret Eyes

理由:櫻井翔の丁寧な韻踏みが綺麗に出てるリリックの一つだと思ってて、櫻葉が歌ってるってとこも魅力がなんだけど、題名の通りに秘密の感じがたくさん含まれてるのが綺麗だなって。

時が迫る だんだんと

どうか皆しばし歓談を

満タンの胸で判断を

気付けば二人で 街 閑散の(oh)

この4行でAnAnOって各文の後ろに4回と、満タンのってとこの5回踏んでて、なおかつこの先につながる綺麗な文が出来ててさすが櫻井翔

そもそもこの曲自体大好きだから最高♡

【好きなラップ(未音源化)】

1位:星になるまで

理由:カノンにピッタリ合うさいっこうの結婚ソング。

お友達の結婚式に作ったんだっけ?確か。

一緒になろうか次の秋にも

部屋より何より苗字を共にし

一緒に同じこれからの夢を見よう

病める日も 泣ける日も 枯れる日も 焦る日も 貴方と創れば晴れる日と / 病める日も 泣ける日も 枯れる日も 焦る日も 貴方とならばひかれし希望

いやこんなに一緒にいようって誓ってくれてるんだよ?ああもう好き。

ペンシリーズも大好きだけどやっぱりこの曲には勝てない。

幸せに溢れててこっちまで幸せになるもん。

【好きなラップ(現場)】

1位:Hip Pop Boogie ChapterⅡ

理由:初めての国立でも歌うほど彼にとって思い入れのあるHip Pop Boogie、宮城のタイミングで歌詞を書き換え、ChapterⅡとして歌われたこの曲。

4日目、最終日にこの会場にいたわたしは、曲目も何も見ずにこの日を楽しみにしてました。 ソロでCan'tやってくれたら嬉しいなあって勝手に思いながらどんどん時間は過ぎ、暗闇に包まれる会場で

君達となら歩いてく

栄光へとまだマイペース

磨いてる いまだ磨いてる

咲いてる 花たち抱いてる

あんなに 夢描き

今 未来は瞳の中に

pass da mic pass da pen

このmic and pen で rock the world

って始まるんだよ?!やっぱりこの人からは一生離れられないなって再確認した瞬間だった。あの時よりももっと大人になってちょっと落ち着いた櫻井翔は、いままでこれからもこのメンツですって確かに後ろを振り返って歌うわけ。後ろにはメンバーがいて、いや、このリリックは原曲と変わんないけどなんか涙がでてきて。

こんな景色はみんなのおかげ

ここまで連れてきてくれるなんて

って会場を指して歌った瞬間涙腺崩壊。 こちらこそこんな景色を見せてもらえるなんてっていつもいつも思ってるし。

自分のことを温室の雑草って表現する櫻井翔もやっぱ好きだなあっておもうし、ここでこうやってChapterⅡと言う形で今を、未来を見せてくれた櫻井翔がとにかく好きだって言う話です! あの場に居ることができて本当に幸せだと思った空間でした。


いやー楽しかった。 ちなみにソロ曲で好きなラップはキャントと夢でいいからです。ヒプポ差し置いて好き。

最近あんまり聴いてないから好きな曲が昔で止まってるなあ笑

久々にサクラップを聴くために聴こうかな笑

みなさんも是非やってください〜

わたしもちらっとお邪魔して見せてもらいます笑

福ちゃんと結婚したい件

皆さん見ましたか日暮旅人

新郎役の福田悠太を。

タキシード姿がまあ男前で。

こんなの書くくらいには福ちゃん好きなミーハーをたくは見事にやられてきました。

そもそも最初に駆け込んできた時点でカッコいいよね。わかる。

ってなわけで今日は福田悠太と結婚式を挙げようってお話です♡


福ちゃんとは、それこそ今日の放送みたいな教会的なところで式をあげたい。

自然があるような、全開ガールの最終回みたいな海沿いの教会で外でとか本当憧れます。

ドレスを着て、お化粧して、福ちゃんに会う前にドサドサと着てくれるすり〜ゆ〜。

辰巳くんは、いつもよりもっと綺麗だね、福ちゃんに泣かされたら貰ってあげるね。って口説いてきて、こっしーに怒られる。福ちゃん怒るよ!って。こっしーはすごい額包んでくれる。おめでとうって。マツはそこで泣いてる、幸せになってねって。かわいい。うるさい。

そこに福ちゃん登場して、ありがとうって言ってくれて、わたし泣いちゃう。福ちゃんのばかーって。そしたら眉毛ハの字にしてあなたも福ちゃんだよって笑うからもっと泣く。嬉し泣き。

そんなこんなしてるうちに結婚式になって、みんなにお祝いされてわたしは幸せになる

牧師さんの話を真剣に聞く福ちゃんを横目で見て惚れ直したいし、誓いのキスするときちょっと緊張してるわたしのことからかってちゅっちゅって2回くらいされて小声で怒りたいし、ケーキをあーんってしてあげてわざと鼻につけてもう〜ってイチャイチャしたい。

言われなくても大切にしますよって言われたいすぎるけど大切にしてやってくださいって言ってくるようなライバルいないだろうしなあ。 いやでもあのセリフとても良かった。

すり〜ゆ〜は余興で大活躍だよねわかる。辰巳くんは多分そこでわたしの友達5人くらい落とすよわかる。

福ちゃんに和服着て欲しいから前撮りに白無垢着て、式はウェディングドレスとお色直しにカラードレス着る。 タキシードは、グレーもいいけど白も見たいなあ。

ひょいって軽々しくお姫様抱っこされたい。


まとまりがなくなってきたのでたたみます。

福ちゃんにして欲しいことありすぎるうううう

ってわけで、福ちゃん結婚しよ(><)

また深夜テンションや…

ドラマおめでとうございました!

お疲れ様でした!

OLIVE

普段はこんなことしないけど感想をだらだらと書いてみようかなーと思います。 本人が結構ぼやかしてるから真相はわからないけど曲の背景とかまで深読みして聴くのも楽しいアルバム。

ざっと聴いてみて、Double Downここに来るんだってびっくりしました。 あとは、クロノグラフからのナナホリって流れの聴きやすさ。リピート再生をしているとアルバムの終わりが見えなくなるつながりの良さはカタルシスも含めほんとすごいなって。 個人的にはStray Catがすごい好きで。音楽の雰囲気とか、歌詞とか全部。 十七歳、明日晴れたら、アドベンチャーの盛り上がり方も好きだなあ。どんどん前向きになってく感じ。

1.リインカーネーション

綺麗な曲だなって印象。 リインカーネーションっていう言葉は、転生って意味で、

何度でも生きるんだ。今、その涙を愛そう。

っていうこのアルバムのテーマにぴったりだなあって。 最後まで聴いてそのまままたこの曲が再生されても、違和感なく流れで聴ける。

会いにきてくれて、一緒に歩もうってしてくれる優しい曲。

君が泣いた世界を壊しに来たんだ

ここが1番すき。 寄り添って悲しみを全部取ってくれる気がするから。

2.BIG PARADE

すごい前向きな曲だなあって。ポップで聴きやすい。

1秒先の笑顔 1秒前の涙

このフレーズが印象的。

ちょっとネガティヴなのかなって最初の方は思う歌詞だけど前向いて進もうってこの曲も背中を押してくれる。

3.Double Down

1曲で充分な曲だけど、アルバムの流れで聞くと、ここのパーツになるための曲だったんだなって思いました。

勝つまでやめなければ負け知らず

これも何度でもっていうところにつながるなあって。

4.Stray Cat

自分を愛することが難しい今だからこそ、そんな時代を生きているからこそ自分を見つめ直して全てを愛して生きることをはじめてみよう、っていうアルバムだって12/20に更新したブログで言っていたけど、この曲は孤独の曲。 これがニコ生とかで言ってた矛盾の部分なのかなあって思います。 そもそもジャケ写もコンクリートから木が生えて、太陽と月が同時に出ててっていう矛盾があるし。

日高光啓は、SKY-HIは、仲間の大切さを知っているからこれは完全に作られたものだろうけど、わたしは彼を猫っぽいとずっと思っているからまずそこでテンション上がって笑 孤独だろうがなんだろうが自分は自分であるってことに誇りを持っているこの曲の主人公である黒猫が羨ましかったりもします。 芯があって、自分の意見をしっかりと持っている感じが憧れるなあって。そんな風に生きることが自分を愛することの一歩に繋がるのかなあって思います。

個人的に好きなポイントは、

着いてきたい?やめなよ冗談

首輪がついてるぜお嬢さん

ここをあざ笑いながら歌って欲しい。 今からWELIVEが楽しみで仕方ない理由の一つ。 日高さんってドSの皮かぶったドMっぽい気がするけどなんか冷たくされたいんだよなあって最近思う。綺麗なお顔から放たれる冷たい言葉って結構な萌え

この曲についてはマジで数時間語れる。

5.十七歳

孤独の曲からの流れでこれも孤独から始まる曲。 曲中に二十歳になって、ツレもできて、っていうので孤独じゃなくなって、この次のラブソングへ向けて必要な曲みたいなことをなんかのインタビューで言ってたけどほんと聴きやすい流れになってる。

1番リアリティがあって、ILOVEOLIVEのハッシュタグ*1でも評判がすごい良かったし、めちゃくちゃ楽しみにしてた曲でした! いろんなとこのインタビューとかで実話ですか?って言われてたりするけど濁してるのも気になる理由の一つに。

1回目に通しで聴いた時、自然と涙が出てきたくらい、ほんとにそれこそ情景が浮かぶっていうのかな、映像が頭の中に流れるくらい綺麗な詩で。評判の良さも、日高さんが濁してる理由もざっくりとわかりました笑

まずこれが実話だったとしたら、日高さんそんな高校時代過ごしてたの??って萌える 実話じゃなかったとしても、こんなリアルなものが書ける日高さんすごい。 まあ実話じゃないだろうね。17歳の頃ってオーディション受けた頃だろうし、引きこもってもいないだろうし。

17歳ってやっぱり多感な時期だし、絶対に誰もが通る道だからこのアルバムの中で1番寄り添ってくれるのかなあって思う。

先生のことが好きなんだろうけど、直接的な表現をせずに、進級した時にいない先生を必死に探して教頭を怒鳴っちゃったり、先生が結婚してて数年ぶりに泣いたっていうので含ませてるのがキレイだなって思った。

あんたが出てくるまで来る

くるまで来るのところの右耳の後ろの方でハモってる低音が心地よすぎてひゃあってなるのがしんどいです。

6.明日晴れたら

ラブソング。 カタルシスの全曲解説インタビューで言ってたモテる男の歌かなあって勝手に思ってます。 Blanketの女子人気からこういう男はモテるんだ、と思って俺はそういう男だから書かなきゃなって だいぶ噛み砕いて書いてますけどこんなようなこと言ってました。

SKY-HI(後編:「カタルシス」全曲解説)|INTERVIEW[インタビュー]|Amebreak[アメブレイク]

このインタビューです。

明日がもしも 金輪際来なくっても

今日が終わるまで君の側にいよう

ここが1番好き。 こんなこと実際に言われたら寒すぎるのかもしれないけど、これくらい愛されたいし、愛したいなあってやっぱり思う。

7.アドベンチャー

このアルバムのリードトラック。 MVもストーリー仕立てで、きれいで、楽しそう。

ひたすらに前向きなんじゃなくて、後ろ向きなことも嫌なことも失敗も全部愛そう、っていうこのアルバムの全てを語ってる曲。 バンドの音も楽しい。

8.Walking on Water

不可能と思われることをやってのける、奇跡を起こす、とても自信があってなんでもできると思う、という意味で使われる新約聖書の一節だそうです。

SKY-HIの半生を描いたような曲で、すっごいかっこいい。 自分を愛しているから、自分に自信があって、自信があるからこそこんなリリックができて、ぶっちゃけヒップホップなんてよくわかんないけど、高速ラップあって、これぞSKY-HIって感じの曲になってるなあっていうのはわかった。

SKY-HIってこういう人だよっていう時にこれ聴かせたいなって曲の一つかな。

9.How Much??

社会的な話。最初びっくりした。インスタとかいうし。聴きやすい。

インタビューでSNSの普及によって自己承認から他者承認に変わってるって話をしてて、それをやめろって言うんじゃなくて、人から認められることも重要だけどそれよりも鏡の中に愛さなきゃいけない人がいるんじゃない?って。その後押しをしたかったし自己肯定を手伝いたかったって言っていて。

実際自分の周りに承認欲求すごくてこれ可愛いでしょ?見て?ってすぐ言う子がいて、その子に聞いてみると自分のことはあんまり好きじゃないから自分で認めるだけじゃ足りなくて人に求めちゃうって言ってて、SKY-HIすごいなあって笑

10.創始創愛

評判すごいいいけどわたしにはハマらなかった笑

めっちゃいい曲だけど!!!

雑味も苦味も後味の悪さだってさ

笑って飲み込んで流し込むことを覚えた

ここが一番刺さった。 確かに笑って飲み込んでその場を流すことって大人になるにつれて増えてるなあって。

あとね、あんだけ神が後ろに立ってるだの仏だの言うSKY-HIが

幸せや歓びが地球ごと包むには

神様もキャパ的にキツいらしくうつむいた

って言うほどに辛いことも多い世の中なんだなって改めて思った。 それでも愛してみようって難しいことだけどやっぱり何よりも大事なことで。

愛とは、って大きなテーマすぎたんだろうなわたしには笑

11.Over the Moon

リリイベの時にもう出来上がってたけど、音源として聴いたらまた違った感じ。

言葉の紡ぎ方が綺麗だよね。この曲に限らずだけど。 あと高音がすごい心地よく響く。 この曲も孤独っぽいけどなんかほっこりする感じだしあったかい懐かしい感じがなんかする。

12.クロノグラフ

この位置のクロノグラフ最高。 最近はほんとちあちゃんへの曲にしか聞こえなくて聞けなかったけど、アルバムに入ってるとすんなり聞けるし、でもメッセージ性には変わりはないし。

多分前も言ったことあるかな? いつかぁーって伸ばすとこが好き笑

13.ナナイロホリデー

夢の中なんかより現実は歓びにあふれてる

愛とは、生きるとは、みたいなテーマのアルバムの締めくくりの歌でこう言ってるのほんとに最高すぎる。

仲間のことを思ったような曲だから、幸せな曲だから、孤独も見つめて、自分を愛そうって考えたあとだから、余計にくるっていうか。

あとは個人的にこの曲がSKY-HIを応援しようと決めたきっかけだから、やっぱり大切な曲の一つだからいいなあって笑

今回、このアルバム、前作のカタルシスよりも軽く聴くことができてなおかつ自分に寄り添ってくれる曲が多いなってわたしは思いました。 カタルシスも好きだけど、生と死っていうテーマは重めだから流して聴くってことが多かったけど、OLIVEは、愛っていうテーマで、いろんな形の愛が詰まってて、毎回しっかり聴いても疲れない感じだなあって。

このアルバムを引っさげてのツアーが楽しみすぎてもうあと2週間が耐えられない笑

今更ながらこんな更新をしつつツアーの成功を祈ります。 どうか怪我なく最後まで終わりますように。

*1:Twitterでの感想タグ

OLIVEリリイベ

1/7 越谷レイクタウン

1/14 昭島モリタウン(13:00〜)

行ってきましたー!

セトリも一応載せますのでネタバレご注意ください!

レイクタウンの方は、ちょっと油断してたのもあり、販売開始時間の9:00すぎに着くと販売ブースからだいぶ離れたところまで列が… まず駅から真逆のところでイベントが行われたからそこにたどり着くまでにも時間がかかった笑 結局11:50頃に予約完了。 1人で3時間はiPhoneの充電が無くなります笑 11:20には優先券の配布終了アナウンスがあったかな…?

お腹減ったけどどこから見ようかなとさまよい2階に行ったものの、人が多すぎて前に座ってた人たちを立たせて詰めてって警備の人にされちゃって、背の低いわたしは見えるところをキープしたのに前の人によって見えなくなるという笑

越谷レイクタウンのセトリ

  • ナナイロホリデー
  • BIG PARADE
  • As a Sugar
  • Welcome To The Dungeon
  • Enter The Dungeon
  • Tyrant Island
  • Double Down
  • Over the Moon
  • クロノグラフ
  • アドベンチャー

Double Downは、FLYERSが先に声出してくれ〜って練習してから歌いました!

ずっと2階、3階のことを気にしてくれて、手を振ってくれて、指差してくれて、どこにいる人にも同じように届けてくれるのがやっぱり好きだ〜ってなってました笑

MCではレイクタウンなんでもあるね〜ってとこから、肌着を買ってきてもらおうと思ったらヒートテック買ってこられて暑い!って言ってました。 汗かいてるって笑

衣装は、グレーのスーツに濃いめのグレーのタートルネックのニットかな?たしか。 そりゃ暑いよね。その中にヒートテック着てたら。 外じゃないし笑

握手はそのあと土浦に移動だから止まらずに歩いてください!って何度も握手してる横でキムラさんが叫んでました。 それでもSKY-HIがしっかりこっちの話を聞いてくれて、話し終わっても最後にありがとうって言ってから手を離すからどうしても止まってしまって、詰まってて、最終的にキムラさん一回持ち場離れて止まらないでください!ってマイクでアナウンスしてました笑

レイクタウンでは複数枚購入だったので、RAGツアーお疲れ様っていうのとWELIVEで2会場行くよっていうのとアルバムを楽しみにしてるよっていう伝えたいことすべてきちんと伝えられました〜!

ナナホリの時は緊張しちゃって何も言えないっていう無駄なこともしてきたけど今回は何度も言うことを頭で反復してからちゃんと伝えてきました! でもやっぱ椅子に座ってる彼に上目遣いをされて目をしっかり見られると緊張するし、大きい手で自分の手を包み込まれると緊張しちゃうし、わたしも一応左手添えるけど全く触れることができない笑

この日は挨拶の後に駐車場まで歩いて行くところをお見送りしました〜!

このイベントが2017年、SKY-HIとしてのライブはじめ。 今年はAAAとしてのライブはじめにも参加できていい年になりそう。

モリタウンはレイクタウンでの反省を生かし、8:30に昭島へ! 最後の最後に電車乗り過ごし事件を起こし、一緒に行く約束してたお友達に先に並んでもらいました笑

レイクタウンと比べると人がだいぶ少ない気がしました。 ただ、外でものすごく寒くて、震えながら待ってました。

10:00販売開始で、11:30には予約終了してました。 レイクタウンはわたし貰えてないんでどういう感じだったのかわからないんですけど、モリタウンでは、整理券がくじ引きで、販売開始から1時間半経ってたんですけど、2桁後半番を引き当てることができ、4列目くらいで拝むことができました!笑

昭島モリタウンのセトリ

  • ナナイロホリデー
  • Ms.Liberty
  • As A Suger
  • Welcome To The Dungeon
  • Enter The Dungeon
  • Tyrant Island
  • Double Down
  • Over the Moon
  • クロノグラフ
  • アドベンチャー

OLIVEの曲が1つ減り、Ms.Libertyに変わってました!

Over the Moonは、レイクタウンで初めて聞いたので、流して聴くくらいの感じで、しっかり聞いたのはモリタウンの方ででした。歌詞の意味が深くて、早く音源が欲しい!ってなりました。 聴き込むべき曲。

リリイベにしてもう演出が出来上がってて、よろけてって歌詞に合わせてよたよた歩いてたり、、、 力が宿ってない虚ろな感じの…焦点が合ってない感じ?なんか不安定な感じの目線で、でも曲が盛り上がるにつれて目線も変わってきて。 ライブが楽しみになりました。

クロノグラフはちあちゃんのことがあってから聴いたらもう涙が止まらなくて。 わたしの思い込みかもしれないけど、いつもより下を向いて何かをこらえてるような感じに見えて、ちあちゃんのこと重ねてるのかなあって勝手に考えちゃいました。 本人が寒くて縮こまってましたってだけかもしれないしなんとも言えないけど笑

この日もヒートテックを買ってきてもらったらしく、キムラさんに頼んだら上は普通の黒で、下が迷彩柄だったらしいです。 ばってお腹の部分捲るからみんなキャーってなったらヒートテック見せただけじゃん!って。違うんだよ…突然捲ったことに対して反射的な悲鳴なんだよ…

ちなみにお衣装は黒のタートルネックにグレーのスーツでした! ちょっとマーブル模様っぽい感じでレイクタウンのスーツとは違うものでした!

だから後ろで見てたお友達は、黒いのめくって黒いの出てきてもよくわからなかったみたい笑

てかSKY-HIさん毎回ヒートテック増やしてくの…?あれ使い捨てじゃないのよ?って気持ちになりました笑

こっちの方がレイクタウンより握手長かったです。 寒くて上着きてきて、ちっちゃい加湿器持ってきて、パイプ椅子に寒くないようにってキムラさんがブランケット的な何かをひいてくれてました笑

わたしの前ちびっこ連れた夫婦さんだったんですけど、ちびっこはそんなにスカイさんに興味がなかったのかお母さんが握手するために抱っこしてたのを一旦降ろされてたんですけどその子に、ありがとね〜って頭ナデナデしてて、その言い方もすっごいでろでろに甘くてウワーーーーーってなりながら握手してもらってきました!

武道館が無事当たった後だったので行きます〜って伝えたらいつも通りありがとうって。ほんとかっこいい。

いつもいい匂いで、友達と2人でこの匂いはなんなんだって会議してました笑

1年ぶりに昭島に帰ってきてくれたっていってて、少しだけレポを見てみたんですけど、1年でだいぶ大きくなってるみたいで、整理券が倍に増えてたり、人も多くて。

後どれくらいこうやって直接ありがとうと、好きだと、伝えることができるかがわからないから直接伝えられるタイミングがあるときはなるべく行けたらいいなあ。

RLツアーの時も言ってたけど、極端な話明日死んじゃうかもわからないし、解散だとか卒業だとかの寂しさももう十分わかったから、すごい重たい話になるけど明日世界が終わるとしても後悔しないような生き方をしたいって最近思ってて。

好きな人には好きって伝えたいし、会える時に会っておきたい。

話全然変わるんですけど、握手のときのお話のネタをみんなどう考えているのか。っていう疑問がずっとあって。わたしはそういうの考えるの苦手で、でもガンガン質問とかでもいいのかなーとか思うけどリリイベだからやっぱリリースする作品についての話の方が…っていつも悩んで結局リリース楽しみにしてますとかつまらないことしか言えなくて笑

やっと待ちに待った店着日。 iTunesの先行販売を我慢していたので今から買いに行ってきます! LIVE版だけはリリイベで予約せず我慢してたのでお持ち帰りしたらDVD見るぞー!

darling♡

なうぇすと、1/4.2部に行ってきました!

ネタバレ含みます!

とりあえずdarlingのシールを付けて来る淳太くんが想像通りで期待を裏切らなくて、もうなんか淳太くん( ; ; ) 愛おしいの塊。ほんとすき。

あとは、最初の衣装がめちゃくちゃ好みで。 宇宙柄で、プリーツスカート?ガウチョ?よくわからなかったけどプリーツでロング丈の上に燕尾っぽいデザインの1番長いとこが膝丈くらいのジャケット着てて、スタイルの良さが本当に生かされてて。 足長いし顔ちっちゃいし。 宇宙柄好きだし淳太くん好きだし大好き!みたいな笑

もう一つ好きな衣装は、フードのやつ! フード深めにかぶって、浮いてきたら引っ張って、ちっちゃいお顔が全部見えなくて、ソロパートで抜かれる直前にフード外してサングラス見えるやつ! そこまでして隠されて焦らされたら気になってしょーがないしなんかもう淳太くんの思うツボっていうかうまいこと転がされてるのが楽しすぎたしあの衣装も可愛かった! いつだか言ってたサングラスだよね?*1

本編自体は2時間とそれほど長い時間ではなかったけど、満足感は思った以上で。

わたしより前に入ってた重岡担のお友達がユニット微妙って言ってたから失礼な話そんなに期待してなかったけどそれを超えてきたし。マネキンにちゅーする淳太くん可愛すぎ…

多分重岡担さんはラブクリ、中間担はテイマーが良かったって思いが大きくて、それと比べたら…ってなる人が多かったのかなと。 でもわたしはあの曲調好きだし、演出も衣装もキライじゃなかった!

京セラドームから間があいてないのと、あのドーム公演の満足感と比べてしまうとやっぱり内容とかも劣るように感じちゃう点もあったけど(やっぱりアメフリには勝てない笑)楽しかった。それに尽きるなあと。

今逢いたいからしょうがないが聴きたかったのに、聴けなかった上に、まさかのまさかで横アリ後半戦からセトリ入りしたのはちょっと悲しすぎたけど…。

初日に手の甲怪我しちゃったみたいだけどそんなにおおごとではなさそうで安心してます。

あかんラブですぐボンボンキュって暴走して、濱ちゃんを苦笑いさせるのはやめてほしいです。

わたしの今回のなうぇすとはこの1公演で終了なのですが、怪我なく最後まで周り切れるよう願ってます。 淳太くん頑張って〜!

*1:ジャニーズweb連載 なにわぶ誌