深い沼へとおちていく

好きなものは好き。ただそれだけ。

JAPRISONツアーが始まった

このツアーほんとに最高

まじでこれでしかない感想が。
本当になんてツアーなんだ…これをやろうと思った日高光啓まじで天才…って溜息しかでない。
こんな人を好きになれた私も天才。

ネタバレありますご注意ください。

とりあえず会場にギリギリに入ったんだけど、ラジオではなく、看守の2人が早く物販のグッズに着替えろ!とか心躍らせて待ってるんだな!とかなんか可愛い…からスタート。
あとあと考えるとやっぱり流してる曲は伏線的な感じだったりもしたのかなーと。
スバユ流れてたよ!笑

番号がどんどん呼ばれて、(多分BFQの誕生日とかなのかな?)1212番!って呼びまくるけどいなくて脱獄された!!!ってとこから本編へ。

まずさ、ジャニヲタに監獄とか持ってきたらねえ?少年たちじゃん?まずその時点で死ぬかと思った世界観が私の生きてきたジャンルの世界観。

それで幕に映像流れて始まるWhat a Wonderful World
MVではないんだけど、あのMVのフルーツとか映像がガンガン流れてる感じだったと思う…
確か、記憶が間違ってなければ本人は出てこなくて幕に映る映像の裏で本人が歌ってる、だったはず。

幕上がってからどこのタイミングだったかほんとに思い出せないんだけど、手錠をつけられてたのをバン!ってちぎる演出あるんだけどマジで最高…
もうこのスタートから5分弱で私の癖が…好きなやつが詰まっててそのまま倒れるかと…

衣装も最高でした長い丈でフード付いててフレア分量が綺麗なコート。
黒でめっちゃ可愛かった。

転調してShed Lusterにそのまま繋がって、そっから立て続けにラップやって、Turn Upとかフリトのあのへんとかやって、始まる前に流してたからやらないと思っていた何様もやって、Story of Jかな?
終わったタイミングでジャンプして落ちてった感じの演出で、、、

暗くなってゲームの画面みたいなのが映し出されてRole Playing Soldierになるんだけどこれの振りがマジ可愛い。
ゲームの中のキャラクターの動きだから基本的にカクカク踊ってる感じとかステップじゃなく足踏みとかなんかみんなで手を振るとこがあったんだけどほんとに可愛くてえー何これ可愛い!って悶えてた…

そこからのChit-Chit-Chatは色気がヤバすぎてやばい(語彙力)

死ぬほど可愛い曲の後にどエロいイントロ流れてきてしかも私まだ聴いてなかったからえ、なにこれ?エロいエロいマジ無理え、死ぬなになになに?みたいな
後ろの映像がさ、車が走ってる映像なんだけどなんであの映像すらもエロく見えるんだろうねエイトもこんなのあったな…ジャニーズじゃん…なに今更ジャニーズイズム出してるの無理…って歪んだ考えすぎたんだけど笑

着信音が鳴って、23:58って時計が出てきて23:59になってスタート。
この演出もなんかジャニーズっぽくない?
作り込みがすごくて、本当にびっくりしたし、23:59もエロい。とてもよい。

それからのBlame It On Meもエロい。
このエロいゾーンめっちゃ好き。セクシーゾーンじゃんとかこれ書いてて思った

ダンサーはけて幕降りてきてWhite Lilyはその幕の映像と合わせて動いてって感じでやっぱりとてもいい演出でした期待通り!

Blue Mondayはダンサー戻ってきて、これも可愛い感じの振り付けでWSとかでやりやすそうな割と簡単な振り付けだった気が!

Doppelgängerが確かこの後に来た気がするんだけど、それは階段に座って歌ってたかな。

Personaはそのまま流れで歌って、なんかやって、Shed Lusterだったと思うんだけど何やったのか思い出せなくて…
また転調してWhat a Wonderful Worldに戻る感じが、1周してこの世界観のまま、っていう感じでめっちゃ好き。

センテンスはまあそりゃそうだろうねっていう看守(タクヤさんとジュンさん)と囚人(マニさんとケンスケ)が登場人物で、ジュンさんが囚人マニさんに色々渡しちゃう甘々看守で、結局みんなで脱獄しよう!ってなるんだけど最後のドア開けたとこに大きい壁があってあーダメだーってなった時に過去に脱獄した1212番だ!SKY-HI!ってなっていつもみたくみんなのこと紹介してSnatchawayかな。

こんないけてるチームなんざ他にない!!!

最高すぎる。

Double Downの入りがめっちゃカッコいいアレンジであのアレンジバージョンでもう一回撮り直して欲しいくらい好きだった記憶はあるんだけどどんな曲って言われたらわからん感じの笑

終わってゆーほさんがレディースアンドジェントルメーンみたいな感じでなんかめっちゃ英語とかて紹介して、スカパラ流れ出した!まじか!え?去年の寄り道的な?って本当に理解出来なかったんだけど彼はスカパラのリミックスアルバムだっけ?なんかしらに参加しているのよね。こんな歌だったっけ?え?ボーンズかっこよすぎね?え?ってなってる間に終わった笑

One Night Boogie大好きだからやってくれてめちゃくちゃ嬉しくて楽しくって、去年寄り道したあのとこで止まって、セルジオが来てくれてます!お父さんが挨拶した距離近くて〜えっと!ちょっと来て!手伝って!ってケンスケを前に連れてきて握手した時なぜか顔の距離が30センチとかまで近寄っちゃうパパの説明して、でもこれMCじゃなくて曲の合間だから!ってなってふ〜ってなったけど寄り道しない!何回もしてたら寄り道じゃなくなっちゃう!邪な例えしか浮かばないけど!ってなって、寄り道の代わりに盛り上がるSKY-HIの曲ベストテンやります!1曲目は今歌ってる"One" Night Boogieです!ってドヤ顔笑
上手いこと言ってないからやめて〜って湧いてる客席止めて、とりあえずこの曲終わらなきゃな!でまた始まって終わって、次が逆転ファンファーレからの愛ブルーム。この繋ぎが本当に大好きで、愛ブルームが愛おしくて。

スマイルドロップ、ナナホリ、Limo、Count Down、Blanket、Seaside Bownd、カミツレって10曲かな。

LimoはあのRAGのラスト2日間(最終日アンコだけだっけ?)で披露してくれたアコースティックバージョンから始まって、わかるよな?みたいな感じになってエスコートするぜ!って(言ってたか定かじゃないけど)始まって、ダンサーきて、Count Down久々にやって、、、

Seaside Bowndはダン!ダン!って方のMWツアーアレンジのやつ(伝わらない)

カミツレは終わってから大切な曲でいつもは最後にやるんだけど、曲をたくさん作ってく上でもっと大切な曲もできてきて、だからこの曲は今歌ったって話になって。
ワンマンツアーが当分ないからここが区切りです。ツアーはないけど生きてる限りは音楽を作り続けるし、音楽を作ったから会えた人がここにもたくさんいて、みたいな話して。
君たちがいつ死ぬかわからないけど、人って急に死んじゃうから、ついこの間もここで人死んだけど(ぼくりり)受け止められちゃうからそれが怖いなって思って、だからこそ愛を込めて接したくて。自分のことも愛したくて、いろんな自分が出てきて、それと向き合ったら自分のことがもう少し好きになったよっていろんなとこで話してるような話をしてくれて。

New Verseはじまって、あとちょっと付き合ってよって歌ってくれるんだけどもう泣きすぎてこの辺からひだかくんが何してたか覚えてないんだよね。
コーラスが入ったことによって、全員の生音が乗ったことによって、もっとメッセージが強くなって。なんかわかんないんだけどすごい勇気付けられるとともに苦しくなって。
あー終わっちゃうなあって寂しくて。

Marbleは歌えば歌うほどに感情が乗ってきてて、よりメッセージが強くなってて、やっぱり泣いちゃって。 でも最初の方歌詞間違えてた気がする()

俺も嫌になったことたくさんあるけど音楽に救われた人生だったから、ってまた少し話してくれて、でもこの世界は君が思ってるより優しいって言われた瞬間にさらに号泣(ここまで泣いてるのは私ね、ひだかくん泣いてないからね?)
あの優しいイントロを聴いた瞬間に本当に崩れ落ちそうになって。
私自身も嫌なことあっても結局人に救われて今まで生きてきた人生だから重ね合わせたりしちゃって余計になんか思い入れの強い曲の一つなんだけど、まさかこのツアーで聴けるとは思わなくて。

ひだかくんがこのツアーで伝えたかったこと、全てを受け取れたかはわからないし、一生わからないのだろうけど、嫌なことあっても生きてたらいいことあるよ、とか、人間って思ってるよりも優しいんだよ、とか、俺の音楽が君の人生を救ってくれたら、とかそういう思いを込めてくれてるんだろうなあって私は解釈しました。

センテンス後のはじまった瞬間はオマケ的なそれなのかな?とか思ったら最後の最後までちゃんとこのツアーで、アルバム作るときから大体の構想を練ってるとかいうけどそれにしてもできすぎだろ!てびっくりしました。

みんながはけてく瞬間が一番寂しかった。

来週もあるのに次会うときまで生きてろよ!みたいなことを言われてめちゃくちゃ泣いてしまったし、それからみんながはけてく間も鳴り止まない拍手にも泣けたし、ひだかくんがいなくなって、幕に檻が映し出されて、またねが流れた瞬間にまた泣いて。
ツアーの最後にまたね流れるの本当に寂しいからやめてほしいくらい悲しい…

途中までしか参加できないツアーだけど、最後まで誰も怪我なく走り抜けられますように。

いつも幸せをありがとう。

辞めることの難しさ

ぼくのりりっくのぼうよみ、今日(1/29)が本当の最後、になるのかな。
昨日、ご縁があって急遽葬式の前夜祭のチケットをお譲り頂き、ぼくりりの中の人がぼくりりを葬る姿を見届けてきました。

彼の歌声を聴けば聴くほどに、辞めて欲しくない、この歌声が(今後はどうなるかわからないとはいえ)永遠にCD越しにしか聴けなくなるなんて、とマイナスの感情が増えていきました。

嫌だ、辞めないでほしい、って思えば思うほどに彼は楽しそうに、幸せそうに歌ってるように見えて複雑な気持ちでした。
人間辞職は、恵比寿で聴いた時よりも感情がこもっているように感じて本当に苦しかった。
でも同時に、羨ましいなって。

人間を辞めようと思ったことはとりあえず今のところないんだけれど、辞めたいって思うことってたくさんあって。
でもわたしは八方美人的なところがあって、みんなによく思われたいし、わたしがいなくなったらこの人が苦労するんだろうな、とか思ったり、情が湧いたりしちゃうと多少無理しても辞める、断る、ってことが出来なくて。ずるずると続けてしまうから、彼の辞めるという選択が羨ましくて。

寂しいのはこっちの勝手だとも思ったし、やはり散り際こそ美しい、というか、ぼくのりりっくのぼうよみを自分の手で終わらせようとしている彼はとても楽しそうで、イキイキとしていて、美しく見えました。

前日に嵐が活動休止する、というお知らせを聞いてからのこれだったから…
余計に思うところがあって。

嵐は今まで20年、ジュニアの頃から合わせたらそれこそもう25年近く走り続けてきていて、櫻井翔はずっと、休みが怖いと言っていて、最近やっと休めるようになったって言ってるほど立ち止まらずに進み続けていて。
そりゃ疲れるよねって。
ちょっと休みたいっていうメンバーと一緒に立ち止まれるようなグループでよかったなと思うと同時に、こっちに対しても羨ましいなって。
寂しいけど、もしかしたら不安を抱えているメンバーもいるのかもしれないけど、こういう結果を出して、笑顔で少し休もうかって言えるのって素晴らしいよね。

辞めることが苦手なわたしだから、こういう思いを抱いたのかもしれないけど、ぼくりりと嵐はまた違うけど、辞める、休む、って選択肢を見せてくれたおかげでわたしも辛い時はそういう選択もあるなって考えを持てるようになった気がします。

ぼくのりりっくのぼうよみが、美しく葬られますように。

嵐が、それぞれゆっくり自分の時間を過ごして少し先に復活した時にもっと素晴らしい5人を見せてくれるような未来が訪れますように。

ファンのみんなが将来的に幸せだってところに落ち着けますように。

JAPRISONが配信開始されたよ

ふざけ倒したタイトルでほんとうに申し訳ないです。 全曲解説の前にどうしても全曲感想をあげたくて。
自分の気持ちを整理してから解説を聞きたくなったのでこんな感じのブログ書いてます。

1. What a Wonderful World!!

MVももう出てて、予約がスタートしたと同時に配信が始まった楽曲。
わたしは高崎ではじめて聴いたんだけど、なんか涙が止まらなかったんだよね。

ここで必要なのは媚びと愛嬌
時にはカラダすら交渉の材料

しょうこりもなくしょうもない歌を歌うんだ

なんかこの辺が特に悲しくて。
しょうもない歌なんて思ってないし媚びて生きるしかなかったみたいな言い方も悲しいし。

MVで花嫁姿になってたやねちゃんをマリア兼カトリーナ役と紹介していて、マリアは聖母マリアのことだろうって思ったんだけど、カトリーナとは?ってなって調べたら聖母マリアを目撃したキリスト教カトリックの修道女のことなのかな?

だからなんかもっと深い意味があるとは思うんだけど、これ以上は知識がなくてわからなくて。
動物たちと食事しているのはなんなんだろうか、とかね。世界観はすごく好きなんだけど彼の表現したいことがわからない。(早速感想じゃない)

追記 : WREPでマリアとカトリーナはメキシコ?の生と死の象徴だと言ってました。
全然意味が違って恥ずかしいけどそのまま載せまーす。

2. Shed Luster

光彩を放つ、という意味。
そこから輝きとか栄誉って意味もあるみたい。

ここでは愛される為にココロとカラダを切り売りしてるみたい。
言葉通りカラダを売ってるなんてことはないだろうけど、自分の気持ちは後回しで生活してるってことなのかな?って思ったり。

この曲はそれよりも何よりも最後に元・天才ことぼくのりりっくのぼうよみが歌っているっていうことに驚きました。
喧嘩して考えがまとまったとか言ってたけどまさか参加してるとは思わなくて。

3. Role Playing Soldier

イントロの時点であ!好き!ってなった。
ゲーム音の感じがA girl in the browserじゃん!ってなって笑

負けてコンテニューしたとこからスタートする操られてるゲームの中の主人公の歌。
なんでこのアルバムの中にこの曲が入ってるのかがやっぱり不思議な感じ。

でも、ぼくりりくんがライブの時に葬式をあげる、引退をする理由、みたいなのを話してた時に、ゲームに例えてたのを思い出して、自分の人生じゃなくて誰かが操った人生を生きてる人のことをゲームの主人公に例えて歌ってるのかなあって。

4. 23:59

これは本当にごめんなさい、ジャニっぽいって思ったし、櫻井翔が歌ってそうってなんとなく思った曲です。
絶対誰も共感してくれないと思ってる笑

なんかここまで生々しいひだかくんは珍しいなあって。
普通に最中の曲ってことじゃない?(言い方)
しかも言えない秘密とか言ってるからもしや不倫?とか色々想像しちゃうよね。
アルバムの中で一番演出が楽しみ!
リリイベもいい感じだったみたいだし!

5. White Lily

今作の中でいちばんのお気に入り!
昨日配信されてからもうすでに軽く30回は聴いてます。

日高くんが書く失恋ソングが本当に好きで。
楽しかった過去を振り返る女々しい失恋ソング。

週末のクラブでみんなに色々聞かれてめんどくせえなあって先に帰ろうとしたけどタクシーも捕まらねえよクソ!って歩いてた時に出会った彼女。泣いてたところどうしたの?って声かけちゃうからね。
ちなみに白い百合の花言葉は純潔とか処女性とか汚れのないものらしい。けどこの歌だと百合の香りがした女性?shiroにWhite Lilyっていう香りのフレグランスがあるみたいだけどこれはもしや?リアルな話?ってニマニマしちゃうやつ笑

とにかくめちゃくちゃ好きだけどなんかわたしの周りはここには注目してなくて不思議な感じなんでだ???

6.Blue Monday

これはLINE MUSICでめちゃくちゃ聴きました(結局Apple MusicとLINE MUSIC登録してます)

学校行く前とかバイト行く前にいつも聴いてます。 前向きになる明るい曲。 スキップしたくなるよね。
誰かここから連れ去ってくれよって私も思う。

7. Doppelgänger

これを初めて聴いたのはリリイベ。
突然転調して突然終わるびっくり!みたいなイメージだったからアルバムの流れで聞いたらあーそう繋がるのね!っていう。

ここからMarbleまでは全部が繋がってる曲って感じ。

なんっつうか大人ってのはもうちょっと
立派なもんだと思ってたな

にすごい共感して。
22にもなってまだまだ子供でなんもできなくて情けないなあって思うことが多かったけど、日高くんもそうなんだなあって思ったら少し楽になった。
最近日高くんいつも現実を見せてくるけどこの曲ではせめて今日くらいは夢のある話をしようって言ってくれててそれも好き。
テンポ上がってく後半ではまた悪魔と手を繋いでて、悪魔と手を繋ぐってズルするとかそういう意味なのかな?日高くんのいう悪魔ってなんなんだろう。

いち早く命を絶った彼のドッペルゲンガーも誰なのか気になる。 しかもドッペルゲンガーって言ってるのに俺は俺のままなのねっていう。

8. Persona

飼い主とペットかって。 でもアイドルとファンをそういう関係で私は見ていないからなあ。

ピアスもタトゥーもない髪も生まれたまま

ここ聴いて髪染めないのか…とか思ってしまった笑

いちばん最後の

あ、そうね ま、どうせ
全て一緒って事で

はちょっとゾワっときた。
皮肉っぽすぎるよね。

9. Shed Luster pt.2

嫌いな自分、嫌いな未来、数えればキリない

やっぱり自分を愛するのって難しいよね。

最初の方はそんなに思わなかったけどpt.2はなんかなんとなくフリージア感があるなあって。

愛し方を教えてくれた
君が君を愛す事が俺の夢だ

ひだかくんの伝えたいことだろうなあって思うとひだかくんが愛おしくなるね。
わたしは自分を愛すことがまだできなくて、難しいけど、ひだかくんの夢がわたしがわたしを愛すことなんだったら頑張りたいとは思う。

こっちにもぼくりりくん出てくるから本当にびっくり。
ライブ出てこないのかなあ。

10. New Verse

これはしっかりラジオで聴いてから、リリイベでも聴いたやつ。
悲しいわけじゃないのに泣いちゃうのは日高くんが全てをさらけ出してるからなのかな。

今回のアルバムはアルコールがよく出てくるなあって思った。 関係ないけど笑

さあ一緒に作ってみようぜ昨日よりもマシなストーリー

日高くんはやっぱりいつだって私に寄り添ってくれるなあって。
わたしたちじゃなくてわたしに。
しかもいい方向に、じゃなくて昨日よりマシならそれでいいって思えて。

11. Marble (Rerec for JAPRISON)

ライブ聴いてるみたい。

どれもとても綺麗

ここが好き。混ざっても綺麗だけど混ざらなくても綺麗だもんなあって思ってたから、どれもとても綺麗って言ってもらえてこれも一人一人を認めてもらえてるなって思えて。

New Verseからの流れで聴くとなおさらそう感じて。
CD音源よりライブの方が好きだったから、これの方が好きだなあって。 リリイベでもめっちゃ泣いてしまった。
音源だと一方的ななんか外側の話感あるけどこれは私に話してくれてる感じがしたの。

これで一応アルバム本編的なとこは終わりかな。

結局ニコ生間に合ってないんですけど笑

アルバムのおまけって本人がいつだか言ってた3曲の中なら個人的に撮り直しのDiver's Highがめちゃくちゃ好きです。

ニコ生の解説が解説でないことの方が多くてなんかこんなに急がなくてもよかったなーって思いつつまとめのこのへん書いてます。

15日にWhite Lilyやってほしいなあ。
グッズで出るみたいだけど待ちきれないのでshiroに行ってから豊洲に行こうと思ってます。
White Lilyの香りさせるから見つけてね(整番遅すぎて無理)

ニコ生見たらMVが楽しみになりました!以上!

ぼくのりりっくのぼうよみ 僕はもう……

結局書く書く詐欺でサンリオは全く手付かず… ぐでたまの日高くんが上から降ってきた話くらいしか広がらない(酔うほど飲んでないけど記憶曖昧だよね〜っていう)からもう書かない! で、やっとぼくりりくんのワンマンにはじめてお邪魔した話を。

そもそもそんなに行くつもりはなくって。 ツアー発表された頃にぼくりりくんいいよね〜って何度か話したことのある友人に行かない?って声をかけてみたら行きたい!って言ってくれたのでじゃあチケットを取ろうかと。 社会人の友人の日程に合わせてツアーファイナルの恵比寿公演にお邪魔したわけです。 チケット取れた瞬間から飛び跳ねて心待ちにしてたライブのひとつ。

もしかしたら最初で最後のぼくりりくんワンマンになるかもなんてこの時にはまだ思ってもみなくて。 このライブに行ったことによって終わりがより鮮明になったんだけど。

最初出てきてVenus、つきとさなぎ、在り処ってポンポンって歌ってったんだけど、なんかわかんないけど鳥肌と震えが止まらなくて。本当に感動すると人間って自分の体を自分で動かせなくなるんだなあって。

個人的にめちゃくちゃ好きな在り処が3曲目にして歌われた時点でテンション爆上がりで、でもわりとゆったりと聴く感じのテンションだったからそれに合わせてフワフワ聴いてました。

人は誰かに必要とされて

初めて人に成れると聞きました

ここがめちゃくちゃ好きで。 確かにそうだなあってしんどい時期に共感してからずっと大切な曲で。 今回のツアー頭からぼくりりくんの曲の中の主人公はずっと1人じゃないはずなのに孤独だなって思って。それをより明らかにする歌詞だなって改めて思ったり。 色々言って辞職する!って言ってるし、周りもワーワーしてるけど結局彼は孤独で満たされなかったそれを曲にし続けてどうにかしようとしてたけどどうにもならずに孤独に押し潰されるくらいなら辞めようってなったのかなーってこの時点では思ってました。

実際の辞職理由は他にあったんだけどね。普通に本人言ってたよね。

軽くおしゃべりして、朝焼けと熱帯魚と、Newspeakやったんだけど、朝焼けと熱帯魚がツアーラストにして参加してもらったギター中心のアコースティックアレンジで。結構テンポ良くて手拍子したら驚いた顔して手振ってやめて!ってしてたのが可愛かった笑

横顔から零れてる

愛にみえる何か

掬い上げずにおわり

何かを掬って手を傾けて零す仕草してた表情とか手の動きがすごい綺麗で見惚れた。

盛り上がれるかーって煽ってたのが多分CITI前かな? これは一番最初にぼくりりくん聴いてあ、好き。ってなった曲。 多分この曲だったと思うんだけど、わたし前から2列目にいて、前にいた親子の娘さんの方がガッツリぼくりりくん追っかけてました!系の子ぽくて、目合わせて歌われてて、そのまま泣いちゃってて。ぼくりりくんってこんな感じでしっかり目合わせて歌ってくるんだ〜とか、泣いちゃうほど好きでもあと2回のライブで(そもそもこの子行くかわかんないし)終わっちゃうんだとか思ったらわたしが悲しくて年取ったなーって思った笑

ブラックサンタもクリスマスにずっと聴いてバイトしてた(闇深い)系だったのでテンション爆上がり。 ちなみに今年もやりたいねーって言ってるそうで!期待大!!!

その流れでカバーします!ってなって、カバーって言っても楽曲提供したやつなんだけど〜ってみやかわくんに提供したaNYmOREを。爽やかな好青年ぽい人ほど影で性格悪そうだよね。ってなってナイフで刺されちゃう曲書きました〜とかめちゃくちゃ偏見が酷い感じのこと言ってたけどわたしめちゃくちゃこの曲好き!!!ってなって帰宅する電車の中でリピってました笑

好きすぎるから貼っておくね。ぼくりりくんの声で聴いたのも良かったけど、みやかわくんの声もとても良い。

aNYmORE

aNYmORE

関係あるようでないんだけどみやかわくんのこの曲が収録されているミニアルバム(シングル?)に入っているshape of youがとても良かったのでみんなに聴いて欲しいです。 このブログ読んでる人半分くらい懐かしくない?(ひだかくんから引っかかって読んでもらってる前提)

Shape of You

Shape of You

去年の12月に延々と聴き続けていたButterfly came to an endを歌いだされた瞬間、このライブのチケ代は元取れた〜って思ってしまった。それくらい好き。ぼくりりくんの曲によく出てくる蝶の表現がすごい好きで、それと、12月にずっと望んでた夢が実際叶った瞬間があったんだけど、呆気なくて、あ、これならわたしも飛べない自分の方が愛せたかもなとか思っちゃったのもあって。 めちゃくちゃ勝手に思い入れのある曲笑

この辺でちょいちょいMC挟んでやってくタイプなんだね〜ってやっと友達と会話した記憶があって。お互いに結構話しながら(この曲聴けた!とか好き!とか可愛い!かっこいい!って)ライブに入る2人なのに本当に夢中になって話すことすら忘れてたのよね。 こんなに人を惹きつける魅力があるのに勿体無いなって本人じゃないから言えることなんだけど思ってしまった…

昔の曲も、みたいな流れになったのかな確か。 sub/objectから4曲やって。 ここもめちゃくちゃ盛り上がってぴょんぴょんしてる感じのゾーンで。 もう聴けないと思ってたから聴けて良かった。

輪廻転生はあんま聴き込まないまま行ったんだけど、かっこよかった。ぼくりりくんの音のはめ方とかが多分わたしすごい好きなやつで。本当に引退しないでほしいんだけどどうにかならないのかな…

アンコールで、出てきた時は、一度やってみたかった!ってタオル持って出てきて買ってなくない?って言ったら案外みんな買っててあ、ありがとう、みたいな変な空気になりながらもう一つ!ってホテルのキーホルダー(名前忘れたけど)見せてくれて。 場末のラブホの鍵みたいで気に入ってるって言ってて独特の感性すぎて笑った。

僕はもういないやって、新曲の人間辞職やってて。 人間辞職がめちゃくちゃ良かったのでみんなに聴いてほしいです。(1週間限定公開です)

追記:1週間限定公開の人間辞職のライブ映像の公開期限が終わったので、URLを削除させて頂きました。

ひだかくんとアルバム発売日被ってるけど何が何でも初回盤手に入れたくて必死に働いてます…

どこのMCだったか忘れたけど一連の騒動をババア事件とか言い出すし今回はそれで爆発したからまたいつもとは違ったのかもだけど思ったよりも年相応の男の子って感じで可愛かった… 本当に引退やめてほしい…

今年だけじゃないけど最近別れが増えてきて悲しいなあって。 永遠なんてないのになんで永遠だと思ってしまうんだろうか。

ぼくりりくんのライブ見て色々思ってしまった。

SKY-HI RAGツアー round51.52 高知、高松

高知がわたしの誕生日だったのと、ついでに香川にいる友人のところに寄って帰ろうと元々思ってたところに追加公演があったのとでタイミング良すぎたので高知、高松まで行ってきました〜!

今は帰宅中の飛行機内でこのブログを書いているところです。 人生2回目の飛行機、1人飛行機は初めてで怖すぎて本当にどうしようかと。

まあそんなことはどうでもよくて。

誕生日はめちゃくちゃ早い整番を譲って頂き!

横浜よりも前で!見れたのに! 周りに家族連れが多く、全くこっちを見ないひだかくん。 びっくりするくらい私を見ないで周りを見るひだかくん。 なんとなくあ、今目合いそうだったけど合わなかった…みたいなのあったりするじゃない? そんなレベルじゃなくてまじで私の前に逸らしたよね??っていう感じで。何をしたわけでもなく逸らされ、誕生日にここまできたのに…(勝手に来ただけなんだけど)ってなんか知らんけど悔しくなって悲しくなってDouble Downで号泣するという情緒不安定なね。いつも通りか。いやでもさすがにこの曲で泣いたのは人生初よ?

ゲストはやっちさん。ビートボックスの方で、たしか逆転ファンファーレやったと思う…

そのあとは5分とかかな?ビートボックスだけしてもらって、ひだかくんは裏で聴いてまーすって一旦はけて、出て来てから10分間フリースタイルとビートボックスのセッション。

盛り上がってずっとまだ終わりたくないんだろうなっていう感じで。めちゃくちゃ長かったし、楽しかった。

初めて生でビートボックスを聴いたから、ほんとに人間が出してる音なんだ〜とか思った笑 まじですごすぎたよね。

クロノグラフ以降もいつも通り号泣で。恋人とも別れが来るだろうし、って言われて別れたくないよ〜って泣いて。本当に情緒不安定。

0570-064-556もわかりやすく号泣して、この日はI Think, I Sing, I Sayもめっちゃ泣いて。 てか多分Double Down以降ほとんどずぴずぴ泣いてたんだけど。

最後の最後にSeaside Boundで右に行った時も左に行った時もこっち見てくれて、あ!目が合った!ってやっとなって、幸せそうに笑ってて。ああ幸せな誕生日だなあって思ったり。

結局夜ヤケ酒したんだけど。 寂しくて彼氏に電話してひだかくんがね、って1時間話すし本当に面倒な女全開!の誕生日笑

香川は公演前にうどん屋2軒ハシゴして、きっちり2杯釜玉うどんを食べて幸せ〜ってなってからのライブでした。

この日は今のところ唯一の整番3桁。 キャパは1000近いのに、後ろを機材で潰されていて、結局多分もう少し少ない数しか入ってなさそうで。 1000キャパでこの番号なら真ん中より前だろうな〜って思ってたんだけど全然後ろで悲しくなった笑 追加だから応募多かったらもっと入れてたのかもだけど。 当日券も出てたらしいしね。

香川はみんな静かで。わたしまじうるさかったと思う笑 ひだかくん本人も盛り上げるためなのかいつもより口数が多かった気がする。

Stray Catが歌い方にアレンジ加えてて、あー好き!!!ってなった。めちゃくちゃ好きでこの曲だけはいつも棒立ちになって真剣に聞いてしまう。

コラボはなかったので、こっち側にも歌いやすいフレーズをくれて、一緒にセッション。 一昨年がこの形式だったよね?去年はコラボだったよね?あれ?よく覚えてないけど。 高松に初めて来た時も歌ったなーって記憶はなんとなくあって、懐かしかった。

ラッパーいない?ってずっと聞きながらフレーズ考えて、ってやってたからラッパーいたらひだかくんとフリースタイルやれるんだ羨ましい…って思ったけど香川にはきてませんでした〜

0570-064-556終わってから香川は幸福度が高そうだなあってなって、東京が低いとか悪いってわけじゃないけど。幸せなやつが多いかもしれないけど幸せなやつはもっと幸せにするし、そうじゃないやつをひっくり返してやるための音楽を作っているし、それが作れなくなったら引退するときだと思う。何が言いたいかっていうと、この世界は君が思っているより優しいんだよ!って(感じのことを)言ってI Think〜に入って。あーしんどい…ってなった。アイリスライトのせめて君だけはそこにいてよってとこで目があった気がして号泣だし昨日は嫌い!みたいなテンションに一瞬なったくせにあーもう一生嫌いになれない( ; ; )ってなった。

そんな感じで情緒不安定な四国旅行は終わったんだけど。

結局1週間半寝かせてその間にサンリオのハロウィンも、ぼくりりくんのライブも終わるっていうね。 ライブ行きすぎて更新追いつかねえ…しんどい… 忘れたくないからブログにしてるのに書くまでに忘れてるやつ…急いでハロウィン…は書くかわからんけどぼくりりくんのライブは感じたことを残しておきたいので頑張りたい…と思ってます…やるとは言ってない…()

SKY-HI RAGツアー round49 横浜

なんか気がついたらもう初日迎えてましたね。 先週の北海道からスタートした3年目のRAGツアー。 個人的に、RAGツアーがSKY-HIはじめてのしっかりしたライブだったからか、思い入れが強いツアーで。

そして横浜ベイホールは去年間に合うかどうかの瀬戸際で泣きながら会場まで走ったしんどい記憶が残ってて、勝手にリベンジ的な気持ちもありつつ。

結局今年も全力ダッシュで電車を乗り換え、競歩選手のように会場に向かい、開場待ちの間にメロンパンを食べるというとてもアホなことしでかしてるんだけど。一応大学4年生だからね、ゼミに出てたわけですよ。 整番良かったから遅れるわけにもいかず本当に戦いだった…己との…

セトリは記憶が飛んでいるのでガッツリとしたネタバレではなくふわふわなネタバレになると思いますが、お気をつけ願います。

MWツアーからスタートした企画Radio Marbleが今ツアーにも帰ってきました! 開場から開演まで30分の開場に合わせて30分の番組だったのかな? 最初はSKY-HIの曲流れてて、30分前に注意の放送入って、そこからラジオに。 ラジオではヒップホップクラシック?が流れてて、恐らくこれが前どこかで言ってたダンジョン系のマッシュアップなんだろうな〜って思いながら聴いてました。いや、ちょっと音大きくてうるさいなあって思いながら友達と話してたんだけど会話の後ろでほんのり聴いてました笑

そしたら、DJを紹介しよう〜みたいになって、Jr.さんが先に出てきて、ジュニアリミックスみたいなコーナースタート! Cho Wavy De GomenneのSKY-HIバースとか、Countdownとかやって、めっちゃテンション上がったとこにRAGでいつも使ってるSKY-HI〜♪ってやる曲(説明の雑さがやばい)流れて、出てくる〜ってなったら出てきた!笑

近すぎて、出てきた瞬間に謎の身体の震え。 手がすごい震えてて、心臓も意味がわからないくらいのスピードで、ああこのまま死ぬかもなって思うくらいでした。

黒いサルエルっぽいパンツと、なんか微妙にタックのとってあるデザイン性のある黒Tシャツ、黒の緩めのロングカーデというオールブラックコーデ!

最初は、FREE TOKYOを中心に、ラップゾーン。 Critical Pointとかもバンバンやってたかな。30分くらいやってたぽいんだけど、記憶が曖昧で、近すぎて、めっちゃ目合うしやべえって記憶しかない笑

それから盛り上がる曲やろうってクラップの音始まって絶対Limoじゃん!ってキャーーーってなったらなんでわかるんだよ!違うかもしれないだろ!って散々煽ってしかも若干Limoのイントロ流してってした末にGemstoneっていう。 え、まじ?!そっち?!ってなったし騙せた!的なひだかくん可愛かったしなんかもうテンション爆上がりだった笑

これ終わって、ギター持って、靴脱いで、録音しつつどんどん音重ねてキーボード弾きながらのStray Cat 自分の反応が早すぎて、一番最初にギターでなんか音やりはじめたときに多分わかった人少なかったんだけど、ギターでやるの?!え?!って1人でパニック。まじで?!ってなったけど音出すと音入っちゃうから言葉選ばずにいうと黙っててって言われてしまい笑 手拍子始めた人もたくさんいたからね!笑

Stray Cat本当に好きすぎて秒でわかるし、うまいことキーボードの正面にいたのでめちゃくちゃ目が合う… しんどかった笑

その次は、Bitter Dreamかな。 これも黙っててって言われて笑 最初タ タッタってギター叩いて録音して、その上にギター弾いて音乗せてたんだけどギター叩くときにピックを咥えたところを見て死ぬかと思いました。

そんな感じでアコースティックコーナー終わって、靴を履こうとしているところに思わず頑張れって結構小声で言ってしまったらなんかタイミングよく靴引っかかっててファスナー上がんなくなっちゃって笑 頑張れ〜ってめっちゃ言っちゃったんだけど、靴履き終わってから頑張れってなんだよ!って言われて笑 頑張れってなんだよって思いながら履いてたら引っかかって本当に頑張れって状況になっちゃったみたいで、はじめてのおつかいかよ!成人男性だよ!って怒られました笑 こういうとこ拾ってくれるのもRAGツアーのラフないいところ〜

まだ行けるか?って煽られて、こっからダンジョンのマッシュアップかな? ダンジョン2曲と、Turn Upだったと思う…

ホーンズ出てきて、一緒に何曲かやって、Very Berryの誰か来たぞでNonkeyさん出てきて、フリースタイルやって、上ちょも出てきて、みんなでメリゴやって終わり〜ってなったとこで、上ちょがPROPSやりたかった〜とかいうからちょっとばたついてそのままPROPS! 予定にないことだったしえーやるの?って空気になったくせにJr.さんもすぐ音源出してくるしこれもRAGツアーのいいところ笑

みんな帰って寂しくなっちゃったね。から別れの歌を、とクロノグラフ。そのまま0570-064-556の頭までキーボードで、合図出して音流してもらって歌ってました。

クロノグラフはほんとうにもう去年頭のリリイベで若干泣いてたように見えたひだかくんを思い出しちゃうからすぐ泣く曲なんだけどこの日は我慢して、でも結局その後すぐに泣いてしまって。

そっからのI Think, I Sing, I Sayがまた泣ける… どうやらこの世界は君が思ってるより優しいって全てを包み込んでくれるSKY-HIの包容力ね!!好き(;д;) アイリスライトもアレがあるからちょっと苦手なんだけど、この曲のremixのだと苦手意識持たずに聴けるからとてもいい笑

Marbleは、混ざりゃとても綺麗のフレーズをどれもとても綺麗って最近歌い変えてるみたいでそれも本当に泣いた。

泣きながらおーおーってはじまっちゃって、え、ここで?ここで?ってなりながらSeaside Boundで、今回はMWのアレンジじゃなくてノーマルな感じでした!

アルバムに絶対入る曲やってないまま終われないだろ〜ってSnatchawayやって、最後にカミツレベルベットで終了!

今回のツアーは2時間で終わらせることが目標らしかったんですけど、この日は15分押しました。まあ理由はゲストと喋りすぎたあの辺りと、PROPSですよね笑 そもそも押すって散々本人も言ってたし、2時間のライブ短くね?!派の人間なので15分押したことなんてこれっぽっちも気にしてないんですけどね。

絶対出て来た瞬間に泣くよ〜って言われたけど泣かなかった! クロノグラフはみんな泣いたでしょ?わたしだけじゃないよね?それともわたしが情緒不安定なだけですか??

そんなこんなで週末までだらだら書いてたらもう高知! 新潟蹴った分高知と香川に行くのを楽しみに生きてきました! なんでこんなに働いてるんだ!ってくじけかけたけど!全ては!香川の!うどんのため!!!(じゃない)

さあわたしの誕生日にタイミングよくツアーがあるので楽しんで来まーす!!! 幸せになる準備は!できてる!

今年もお祝いできる幸せ

6人の関ジャニ∞を見に行く機会に恵まれ、9/8に東京ドームまで行って参りました。

何処にも更新せず、自分の中で噛み砕いて終わりにするつもりでいたけど、安田くんがまた1つ年をとって、いい男になっていたので(正確にはまだ年を重ねる前のライブだったんだけど)今回はレポとかじゃなくて自分の気持ちを綴ろうかなあと気まぐれ更新です。

降りたつもりだったし、気持ち的には元担だからテレビに出てたらあー、頑張ってるなあって見るし、くらいの気持ちで降りた去年。 今年に入ってすばるくんが関ジャニ∞からの卒業を発表、安田くんはその3日前に自宅で腰を打って大事をとって検査入院、特に異常は無かったけどドクターストップで会見には来ませんでした。

最初はこの言葉を普通に信じて、背中を押してやってくださいなんていう自分が背中強打って、、、 すばるくんの大事な時にこんなことになるなんて安田くんらしいなあなんて泣きながら笑ってました。

すばるくんの最後の番組のあたりだよね、安田くんが局動画かな?で、本当のこと発表して。 それで踊れなかったって聞かされて。

骨折もあったし本当はしんどかっただろうにそんなの見せずに最後まですばるくんを送り出そうとしてて。

これ見た時にわたしはこの人のことをちゃんと見届けなきゃなあってなんとなく思って。 それよりも前に6人の関ジャニ∞を見ておかなきゃって思って友人と同行でライブに入ることは決めてたんだけどより強くそう思って。

ライブ会場で見た安田くんはすごく強くて、音楽が好きでたまらないって顔してて、わたしが応援してた頃にもよくしてた幸せそうな顔で笑ってて。 わたしは札幌とかに入ってないからわかんないんだけど、入った子の話によると、すごい動けるように、元気になってたらしくて、とりあえず一安心。

結構照明明るかったし、当たってたし体調悪くならないか不安だったんだけど、そんなこともなく、MCのスタートのときに少しメガネ拭いててちゃんとお顔が見れたし、ハケる時もメガネとってすっごいキメ顔してくれて、ほんとはしんどいのかもしれないけどちょっとでもそうやって弱さを見せないようにしてるとこが素敵だなあって思って。

本編はほぼ全部号泣しちゃって、すばるくんがいない現実は思った以上に辛くて、安田くんの体調がいいのに安心したのもあるかな、いろんな気持ちが混ざって涙が止まらなくて。 でもみんなは前向いてたなあ。

病を患ったからこそ 一昔前よりは痛みを知れたって言う安田くんをもう一度担当にすることはもうないのかもしれないけど、少し離れた位置からずっと応援していたいと思ったし、ひっそりと毎年お誕生日のお祝いくらいはさせてほしいなって思いました。

安田くんが生まれて来てくれて、わたしが安田くんに出会えてよかったって本当に思います。 優しすぎる安田くんだから、多少しんどくても言えないことも多いのかもしれないけど、お願いだから周りを頼ってこれからも元気な顔を見せて欲しいです。

安田章大くん、34歳のお誕生日おめでとうございました(更新間に合わず申し訳ありません)

これからもずっとずっと応援してます。