読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深い沼へとおちていく

好きなものは好き。ただそれだけ。

ジャニヲタが彼氏を作ろうと奮闘する話3

だんだんと寒くなってきた今日この頃、春にこんなブログを書きましたが続編です。気が向いたらわかりやすくカテゴリーに分けようかなと思いますが、今回はこのまま進めます。

もし前回のが気になるなって思ってくれる方がいましたら見てみてください。これが女子大生の現実です。笑

こんな感じで奮闘していたら某大学に通っているお友達がお友達を紹介してあげる、と言ってくれたのでご飯に行きました。これが6月だか7月の話です。

そのご飯に行って1週間後くらいからラインしてたんですよ。連絡とればとるほどどんどん気になる自分がいて、あれ?これって好きなのか?と。 数年ぶりの恋に浮かれてました。

そんな私ですが、夢から覚めました。悲しい。

ご飯に行こうとついに誘いを入れたところ、今本気で好きな人がいるから2人でご飯は行けない、と。

なんで思わせぶりな優しい返信今までしてくれてたん???は???

ちょっともう理解できないです。なにその優しさ。いらねえw ってなわけで告白してもいないのに振られたわけです。 物分りのいい女でいようと、わかった、大丈夫だよ!と返信をして終わりにしたら、なんとごめんねと返信が!!

待って、なんで返信した??

余計へこむやん…なぜ謝る…

てなわけで、彼氏できるかも!とワクワクしていた日々は告白どころかサシメシに行く前に終わりを告げたわけです。

自棄になってるからチケット買いそう☆とりあえずサクッとゲーム課金してきた☆

当分は1人で強く生きていきます。笑